calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

このブログオススメです!

☆☆☆

            

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.08.15 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

                        

    関連性のある資格、ない資格

    0
      就職活動では資格のアピールは大事です

      取得している場合は是非自己PRに盛り込むべきと言えます(=^^=)


      が、しかし…

      面接や履歴書、職務経歴書などにおいて
      「この資格は必要なのか…?」と
      首をかしげてしまうものを書いている方が多いのも事実(xox)

      今回は履歴書に書くべき資格と
      そうでない資格についてお話しましょう


      まず面接で好まれるスキルは
      やはり国家資格!(^v・)b

      でも取得している人はそんなにいないと思います…
      かくいう私もひとつも持ってません(ーー;)

      国家資格以外で好まれるのは職業や企業にもよりますが
      やはりビジネススキルの証明となるものでしょう

      秘書検定やビジネス・キャリア検定試験、日商PC検定などですね

      しかしここで注意がひとつ

      いくら国家資格が面接で好まれるとは言え
      明らかにビジネス上関係のないスキル
      業種に関係のないものは無理にアピールしてはいけません

      ひどい場合は「ふざけているのか」と思われていしまいます(><)

      その例の一つが「ひよこ鑑定士」ではないでしょうか
      ちなみに正式名称は「初生ひな鑑別師」です(●^o^●)

      実はこれ、国家資格なんです(=^^=)

      文字通りひよこの鑑定のエキスパート資格ですが
      オフィス業務の面接でこの資格をアピールしても
      あまり意味がないのは…わかりますよね?(・・;)

      ほかにもユーキャンなどで取得できる
      イラストやフォークギターをアピールしても
      あまり意味はないでしょう…


      資格はあればあるほどいいというわけではないということを
      よく覚えておきましょう(^v・)

                          

      つい使用してしまう自己PR、志望動機の【NGワード】

      0
        今回は「良かれと思って使った言葉がNGワードだった」

        そんな例をご紹介しましょう(×o×)

        中には「言わないだろ〜」という言葉もあれば
        「えっこれダメなんだ」という言葉もありました

        就職活動を長く続けていると
        時折基本を見失ってしまいます

        今一度、就活について見直してみましょう…(●^o^●)


        1.やりたいことができる企業なので

        これは結構言ってしまう言葉なんですが
        実はこれ、結構なNGワードなんですね(ーー;)

        というのも「やりたいことしかやらないのか」
        そう思われてしまう可能性があるからです

        仕事とは働くことで成長し、自分を高めていく場です

        やりたいことがあるからということは
        はじめから成長するつもりはないと認識されても
        仕方ないんですね


        2.大手・優良企業だから

        これはNGワードというよりかは
        爆弾発言に近い言葉と言えます(・・;)

        これはつまり「美人だから付き合ってください」
        そう言っているようなものなんですね

        「うちよりA社の方が大手の会社ですよ」

        そう言われてしまったら返す言葉がありませんよね

        それに志望動機としては不安定であり
        経営が悪化したら簡単に退職するのではないか?
        そう思われても仕方ありません(ー"ー)


        3.履歴書、ES(エントリーシート)と同じ内容

        せっかく書類選考を通過して面接にたどり着いたのに
        応募書類と同じことしか言えなかったら
        面接をする意味はありませんよね(・_・)

        書類では伝えきれない部分を
        面接で発表することが本来の面接なのです

                            

        自己PRで変に流行する珍アピール

        0
          今回は番外編として
          毎年学生の間で流行する珍自己PRについてお話しましょう(^-^;)

          これは採用をもらうために真面目に考えているのか
          それとも遊んでいるのかは謎ですが
          結果的にはあまりよろしくないですね

          それはなにかというと…

          「するめのような人間です」

          これだけ聞いたら何がなんだかわかりませんね

          どういうわけか毎年こういった
          一風変わったアピールをする方がいるようです(@o@;)


          するめ…スルメのような人間…

          なんなんでしょうか
          ちょっと分からないですね(ーー;)

          ほかにも
          「マグロのような人間」
          「ゴキブリのような人間」
          というようになかなか個性的なアピールがあるそうです

          就職活動には適度な休息が大事だということですね(・v・;)

                              

          自己PR構成

          0
            さて、以前自己PRの構成についてお話したと思います

            覚えてますか?(●^o^●)

            今年の1月の記事なので
            もしかしたら覚えてないかもしれませんね(^^;)


            その記事では自己PRのポイントを説明しました

            それは…

            1・自身の一番PRしたいこと
            2・一番PRしたいことを明確にする経験
            3・経験から学び得たもの、身に着いたこと
            4・学んだこと、身に着いたことをどの様に企業で活かせるか

            の4つでしたね

            今回からはこの4項目をひとつずつ詳しく説明していこうと思います(^v^)b


            まずひとつめ「自身の一番自己PRしたいこと」

            これは分かりやすく、また一番難しい項目と言えます

            なぜなら自分のアピールポイントとは
            自分では上手に見つけられないからなんですね(@_@;)

            就職活動では第三者の目というのが大切です

            しかし転職活動などで一人暮らし中の方の場合は
            なかなか人に見てもらうということは難しいです(><)

            中には知り合いには恥ずかしくて見せられないという方もいるでしょう


            そういう時はハローワークなど
            就職支援サービスを利用することをおすすめします(●^o^●)

            雇用へ向けて熱心に取り組んでいる期間ですから
            結構容赦のないアドバイスもいただくかもしれませんが
            その分採用されるように真面目に考えている現れなのです

            さて、少し話がそれてしまいましたが
            一番アピールしたいこと、それはもちろん
            自分で見つけることも大切です(^^)b

            応募書類や面接でアピールすることですから
            真面目さをアピールするのは控えましょう(xox)

            なぜならそれは大前提だからです!


            ではどういったことを…?

            例えばリーダーシップなど
            「当たり前」から少し秀でたPRです

            スキルや資格はまた後々のお話になりますから
            ここでは人間性の自己PRを考えましょう(・v<)b

            しかし、いわゆる自分の性格から
            アピールするポイントを見つけるというのは
            非常に難しいものです

            実は項目のふたつめである「一番PRしたいことを明確にする経験」
            これを先に思い出すことが現在考えている
            一番アピールしたいポイントを知ることに一役買うんですね(^^)b

            単純な例をあげれば、一番人々の役に立った経験を思い出し
            そこからアピールポイントを見出すのです

            このようにひとつの項目だけを見つめるのではなく
            いろいろなポイントから要素を拾い上げ
            ひとつの項目を作り上げると完成度の高い自己PRとなります(*^o^*)

                                

            略字と非正規(?)の字

            0
              今回は非常に細かい話になります(^^;)


              というのも、皆様は感じなどを略すことはありませんか?

              魔という字の中をマと書いたり、問や開のもんがまえを略したり…
              これは履歴書や職務経歴書といった就活の応募書類では非常に失礼にあたります

              「ます」を一文字に略すのもいけません

              基本的に略字はすべてNGと考えてください(@_@;)

              そしてもうひとつ、これもとっても細かいことですが
              みなさん「そ」っていう字、どういうふうに書きますか?

              パソコンでも表示される、一筆で書けるタイプですか?

              それとも最初か最後にチョンと付け足すタイプですか?

              応募書類で望しい字は…お分かりですよね?

              そう、一筆で書ける「そ」です(>v・)b


              日本語というのは非常にバラエティーに富んでいます

              そして家庭習慣や自身の好みによって使用する文字に微妙なばらつきが出ます

              ちなみに略字を書いてしまう率が高いのは、やはり転職者の方です

              なぜならば新卒や学生アルバイトといった、比較的若い方は
              略字自体を知らないからなんですね(^_^)

              20代後半ぐらいの方からこういった文字の使用が増えるようです

              また、小説や漫画などの創作趣味がある方などは
              学生時代にそういった文字を使う方がかっこいいと言われたりして
              その当時に無理やり覚え、そのまま定着してしまう方もいます(・・;)

              また、「仔」や「云う」といった少々変わった漢字を使ってしまうのも
              創作趣味のある、特に女の子に多いようなんですね(@o@)


              幼少期〜10代に覚えた癖はなかなか抜けません

              そういった表記の自覚のある方は日頃から
              矯正するように心がけましょう

                                  

              自己PR欄(パソコン作成)

              0
                最近は履歴書もパソコンで作成する機会が増えました(^o^)
                新卒の場合は手書きが推奨されている履歴書ですが
                中途採用の場合は応募書類のほとんどは
                Wordなどで作成するのが一般的です


                というわけで今回はパソコンでの履歴書作成
                特に自己PRの文章構成についてお話しましょう

                ワープロソフトで作成する場合、気をつけたいのはレイアウトですが
                よくある失敗が改行なんですね(@o@;)
                というのも、ブログをよく書く方の場合
                たまに行間の代わりに改行を入れてしまう方がいます

                これはNGです(><)

                なぜなら、無駄に隙間が出来てしまい文字が入りきらず
                内容が薄くなってしまうからです

                内容もしっかり書こうとして結果的に文字を小さくしてしまい
                読みづらい履歴書になってしまって不採用…なんて例もあります


                他にもフォント選びを失敗してしまったり…(×_×;)
                確かに履歴書は選考で自分を売り込む書類なんですが
                プレゼンで使用するレジュメとは違います
                変に強調するといった小細工はやめましょう(×o×)

                少し厳しくなりますが、内容で勝負するのが就職活動の書類です

                華やかさは求めてません


                そしてメインである履歴書の自己PR欄についてですが
                大体110文字の文章で意味が通じる程度、
                190文字で程よい内容と言われています

                200文字以上になると長すぎて欄に収まりきらないので
                何度も添削をする必要があります

                添削のコツは、まずは思いつくまま自己PRを書きます

                その次に最低限意味の通じる内容だけを抜き出します(110文字)

                次に人事にアピールしておきたい内容(エピソード)を付与します
                ※この時点では大体250前後に抑えましょう

                そしてもう一度添削し、最終的に
                190文字前後の自己アピールになるよう
                何度か微調整を重ねましょう


                以上がワープロソフトで履歴書を作成する際の
                大まかなコツとなります(●^o^●)

                                    

                風邪がぶりかしてしまいました…

                0
                  治ったと思った風邪がぶり返してしまいました(×o×)

                  というわけで今回は少し短めですが風邪と事故PRのおお話です…。


                  面接で自己PRを行う際、喉にくる病気などで
                  咳が止まらないということはありませんでしたか?

                  正直、ものすごく焦りますよね(--;)

                  内容に自信はあるのに外的要因のせいでうまくアピールできない…

                  しかしその場合でも焦ってはいけません。

                  変に焦ってしまうと内容をど忘れしてしまったりして
                  マイナスイメージにつながります(@o@;)

                  面接官もそんなに心は狭くありません。

                  咳でアピールが途切れても採用を見送るなんて冷たいことはしませんよ(^-^)

                                      

                  自己PRを応用しましょう

                  0
                    二週間近く間が空いてしまいましたね(・・;)

                    申し訳ありません…
                    少々タチの悪い風邪をひいてしまいまして(@_@;)

                    今もまだマスクを外せない状況です(×o×)


                    さてさて、さっそく自己PRのお話に入りますが
                    自己PRはいくつも用意できないものというお話をしました。

                    しかし、時と場合によっては複数用意する必要があります。

                    この前ひとつしかないって言ったばっかりなのに!
                    と怒らないでくださいね(^^;)

                    就職活動では職務経歴書、履歴書だけに自己アピールを行うわけではありません。

                    例えばES(エントリーシート)などもありますよね。

                    面接で面接官に直接聞かれることもあります。


                    この場合、少々個人色が出るわけです。

                    最近は企業オリジナルのESもありますから、
                    質問の形が変わることもあります。

                    同じように面接官の方は人間ですから聞き方がみんな同じとは限りません。

                    例えば、
                    「あなたの欠点はなんですか?」
                    「これまでにあなたがぶつかった一番厚い壁はなんですか?」
                    といったように少々ずらして質問することもあるんですね(@o@)

                    ほかにも「最近のニュースで気になることはなんでしょうか?」
                    というように情報収集能力を見定める質問まで飛んでくることがあります。


                    私からのアドバイスとしては、ひとつ珠玉の自己PRを完成させ
                    それらを少しへつって細かい質問に対応できる
                    「予備」のアピールを用意しておくことがおすすめです(・v<)ノ

                                        

                    書いたことと別のことを求められる?

                    0
                      面接で「自己PRをお願いします」と言われた際、
                      「履歴書と同じ内容でも構いませんから」と聞く面接官がいらっしゃいます。

                      そう言われると「別のことを言ったほうがいいのかな?」と思い
                      その場で別の自己PRを考え発表する方がいらっしゃるようですが、
                      これはかなり危ない橋を渡っています(+o+)


                      この質問の意図は、二つ目の自己PRを求めているのではなく、
                      「履歴書のアピール内に収まりきらなかった補足などがあればどうぞ」
                      という意味なのです。

                      自己PRというのは基本的に
                      ふたつもみっつもあるものではありません(--;)

                      むしろあまり多くを主張しすぎたら逆に疑われてしまうことすらあります。

                      なので面接で口頭で発表するアピールと応募書類
                      (履歴書、エントリーシートや職務経歴書など)の内容は揃えていくべきでしょう。

                      もちろん、文字数などの都合で収まりきらなかった場合は
                      補足程度に伝えても構いません。


                      しかしあまり長くなりすぎてもダメなんですね。

                      大体面接での自己PR、志望動機とは1分が基準です。

                      しかし話し方がゆっくりな方もいらっしゃるので
                      長く見積もっても3分が限度と言えます。

                      話したいことがいっぱいある、しかし1分〜3分では収まらないという場合、
                      面接官が質問をするであろう箇所は削ってみてはどうでしょうか?

                      例えば経験などは具体的な内容を聞かれることが多いので
                      質問を引き出せるよう、簡単に紹介するという手段もありますよ(・v<)b

                                          

                      自己PR(文字数)

                      0
                        今回はエントリーシート(ES)のお話をしましょう(^^*)


                        ESには志望動機、自己PR、学生時代に努力した事、
                        応募企業でやってみたいことを書くのが一般的です。

                        最近は企業がESを用意することが多くなり、会社によっては
                        少々内容の変わることもあるでしょう(@_@)

                        しかし、必ず存在する欄は「志望動機」「自己PR」です。

                        当ブログは自己PRに特化したブログということで、
                        ESの自己PR欄について紹介しましょう(・v・)b


                        まず文字数制限がある場合は、当然その文字数を守る必要があります。

                        例えば「約○○文字」という場合、誤差の許容範囲は20文字前後です。

                        つまり、約400文字という場合ならば380文字〜420文字の間で
                        アピールをしなければいけません。

                        そして「○○文字以内」とはっきり明記されている場合は
                        必ずその文字数に収めてください。


                        きちんと文字数を守るのも社会人として必要な「書類作成能力」だからです。


                        では文字数に指定がない場合はどうするのかというと…

                        判断に迷いますよね。(@o@;)

                        制限がない場合、企業は文字数で合否判定はしません
                        (もちろん極端に短い文章は不採用になります)

                        人事は
                        ・読みやすい文書を作成する能力
                        ・情報を上手にまとめる能力
                        を見ているのです。

                        この場合、一般的な文字数は400文字〜800文字となります。

                        つまり応募書類の自己アピールや志望動機欄は
                        最低でも400文字以上、そして800文字以内に収めるのように記入しましょう

                               
                        | 1/12PAGES | >>