calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

このブログオススメです!

☆☆☆

            

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.08.15 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

                        

    自己PR例文 (間違い А

    0
      自己PR例文 (間違い А

      『人一倍、集中力があります』

      趣味に記載してありますが、私は、ゲームが趣味です。

      中でもRPG(ロールプレイングゲーム)が好きで、
      普通の人なら、何日もかかるゲームを3日でクリアーした事もあります。

      この集中力は、ゲームだけでなく、勉強でも活かす事が出来ました。

      高校3年生のころ、部活でのケガで1カ月ほど入院していました。
      その時、勉強の遅れが大きく、退院後1週間後に期末試験がありました。

      3年生なので入院していたからと、単位を落とす訳にもいかず、
      友人にノートを借り、先生に部分は聞き、後は自宅で勉強するのみでした。

      そして、1週間、遅れ分の勉強に集中し、無事平均点より遥か上の点数を取れました。

      各教科の先生たちは、とても驚いていました。

      この集中力で、どんどん、事務職をこなしていきたいです。


      なんとも、コメントの難しい自己PRなのですが・・・(;一_一)
      箇条書きで指摘させて頂きます

      ・自己PRにゲームを持ってくる段階でOUTの一般企業がほとんどです
      ・ゲームの事は省いて、入院時の遅れ分のエピソードだけで十分です
      (以下、上記を踏まえて・・・)
      ・勉強方法をもう少し詳細に・・・
      ・『平均点より遥か上』と言う表現は、他人を見下すイメージがキツイです
      ・最後の一文は、子供染みています

      以上です・・・(;一_一)

                          

      自己PR例文 (選考に落ちやすい例 Α

      0
        自己PR例文 (間違い Α

        『自己PRになるような事がありません』

        自分には、他の人に勝るような特技も資格もありません。

        しかし、やる気、根気だけはだれに負けない自身がありません。

        学生時代に所属していた野球部の顧問にも
        『技術より、お前の根気は、だれよりも一番だ』と言われた事もあります。

        こんな自分がどこまで、御社に貢献できるかわかりませんが
        やる気、根気で多くの事を学ばせて頂き、
        『採用して、正解だった』と言われ人材になります。



        正直、コメントに困ってしまうのが正直なところです(@_@。

        自己PRとしては、まったく最悪のものでが・・・
        個人的に・・・あくまで個人的には好きです

        が、これが一般の企業であれば、ほぼ不採用確実です((+_+))

        自己PRが無いと題していますが、読み進めると恐らく『やる気、根気』が
        自己PRのポイントにはなり得ます\(◎o◎)/

        が、このPRポイントの多くの企業が受け付けません(@_@;)

        しかし、『ない』と言う中で、このポイントを押して行くのであれば
        多くの企業を受け、奇跡を待つ事しか・・・

        色々な事に目をつぶって、コメントするのであれば・・・
        かなりネガティブな自己PRです(;一_一)

        企業は、ネガティブな希望者よりか、ポジティブな方を好みます☆

                            

        自己PR例文 (選考に落ちやすい例 ァ

        0
          自己PR例文 (選考に落ちやすい例 Α


          自分は、人望の厚い人間です。
          学生時代から、多くの友人に囲まれ、信頼されていました。

          友人の薦めで、生徒会にも立候補し、多くの票を集める事ができたので
          生徒会長に選ばれました。

          バイト先でも多くの同僚、後輩に慕われていました。

          自身で、この人望の厚さを営業に活かす事ができると思い
          営業で大きな実績を上げている御社を希望しました。



          『人望が厚い』と言う事を自己PRに置くには、
          内容があまりに無い事にお気づきですか?

          生徒会の話程度では、人望が厚い事を確固たる自己PRにするには
          少し、短すぎるエピソードです(T_T)

          票を集める為に、行ったことなど、人望の厚さを立証できるほどの
          出来事が必要です(~_~;)

          これらが、採用担当者が選ばない理由でもありますが、
          他にも、採用担当者によっては『人望の厚さは、自身で計るものではない』と
          思われる採用担当者もいます(@_@)

          それから、全体的に気が強い印象を受ける文面ですので
          採用した場合、将来的に上司などと衝突する事を懸念します(-“-)

          なので、採用担当者が選ぶ可能性が低い自己PRなので(゜゜)〜

          自己PRを書くには、様々な視点からを考え構成する必要があります☆

          作成した後に、周囲の誰かに見てもらうと、自身では判断できない事でも
          判断してもらえます(*^_^*)

                              

          自己PR例文 (選考に落ちやすい例 ぁ

          0
            自己PR例文 (選考に落ちやすい例 ぁ


            ・パソコンが好きです
            ・読書が好きで、何冊も読みます
            ・英語を学ぶために、英会話に通っています
            ・書類作成には、自信があります
            ・人付き合いは上手い方です

            こちらの前回に引き続き最悪パターンです。

            こう言った自己PRは、もはや自己PRとは言えません(゜゜)〜
            『趣味の欄にでも書いてください』と言う事になります(@_@)




            高校卒業旅行で、アメリカのNYに行ってきました。
            リアルな英語を体験して、自分には実力が足りない事を痛感して
            帰国してからすぐに英会話に通い出しました。
            今も通って学んでいます。
            もっと実力を付ける予定です。
            がんばります。


            社会人ですか?と言う印象を持たれます(T_T)
            文書にまだ、学生気分を感じませんか?
            その感じたままが面接官も採用担当者も感じます(-“-)

            どこかの国名を記載する時は、省略することなくしっかりと記載する事が大事です☆

            この例の場合であれば【NY】では無く【ニューヨーク】と記載しましょう☆

            そして、もっとも学生気分の象徴とも言えるのが『リアル』と言う言葉です(>_<)

            最近の若い方がよく使う『リアル』
            これは、就職活動には決して口にしては、文字にしてはいけない言葉だと
            認識しておきましょう($・・)/~~~

                                

            自己PR例文 (選考に落ちやすい例 )

            0
              自己PR例文 (選考に落ちやすい例 )

              私は、自己PRと言える大したものがありません。

              しかし、仕事をする意欲は誰にも負けないと思っています。

              御社は、私の高校時代からの憧れの会社で
              御社で働く為に、高校で勉強をがんばり、大学に進学しました。

              御社で働くことだけを考え今まで来ました

              御社の発展と共に成長し、御社に貢献できる人材になりたいです。



              これは、最悪の自己PRをあえて載せさせて頂きました
              『こんなの無いでしょ』と思われた方、調べたところ実際にこう言った自己PRを
              書いた方もおられたそうです((+_+))

              自己PRは、自身をPRするもの・・・
              これを冒頭から『否定』している段階で、ほぼ落選です(T_T)

              それに続いて記載はされていますが、冒頭の段階で不採用箱行きなの読んでもらえものと覚えておきましょう(>_<)

              内容は、どうであれ、文章内にいくつか気を付けるポイントはあります☆

              もし企業に憧れている事を記載するなら具体的にどこに魅力を感じるのかを記載するといいでしょう☆彡

              それから『御社』を頻りに使うのは控えましょう(>_<)
              「ごまをすってる」「媚をうってる」などと思われる可能性大です(T_T)

              これらのポイントはあくまで、正当な自己PRを作成する上でのポイントです(*^^)v

              諦めてこう言った自己PRを記載する前に、もう一度考えてみましょう(>_<)

                                  

              自己PR例文 (選考に落ちやすい例 ◆

              0
                自己PR例文 (選考に落ちやすい例 ◆

                ・私は、いいところがいくつもあります。
                 ‐亟蕁´元気 L世襪機´い呂辰りと話すこと ド蕕韻鶺い強い
                これは、小学生から先生や友達に良く言われていました。

                高校生の時に、喫茶店でアルバイトをしていた時、
                店長に『○○さんが、アルバイトに来てからお客さんが増えたし、皆さん楽しそうに帰って行くよ、○○さんの笑顔や明るさのおかげだね』と言ってもらえました。

                このチャームポイントを活かして、営業をがんばりたいです。



                さて、皆さんはこの自己PRどう思われましたか?
                こう言った自己PRの場合、多くの採用担当者が・・・
                『幼稚な感じがする・・・』と捉えます(-“-)

                その原因は、随所にあります($・・)/

                まずは、自己PRのポイント・・・
                5つあげられていますが、5つとも、他の方より突出したものがなく、
                どれも新社会人としては、必要とされるものです(@_@。

                つまりは、普通のことでPRポイントにはなりません(゜゜)〜

                それゆえに、経験談を書いてもインパクトも何もないのです(@_@)

                最後に、自己PRをチャームポイントと言ってしまっていること・・・
                これは、完全に落選対象です(T_T)

                モデルさんや何かを目指すならまだしも、一般企業であるのなら
                これは完全に間違いです(゜゜)〜


                                    

                自己PR例文 (選考に落ちやすい例  

                0
                  自己PR例文 (選考に落ちやすい例  


                  ・去年、英検を取得しました。
                   毎日、英語に触れて過ごすようにして、映画なども字幕なしで見ました。
                   
                   まだ、本場の英語に触れた事は無いですが、資格は取得出来たので
                   本場での通用すると思います。
                   
                   この能力を活かせる部署に就いて、活躍したいです


                  まるで、小学生の作文の様な自己PRです(-“-)
                  英検を取得するまでの苦労が感じる事も出来ず、資格を持っているのに
                  語学に自信があるのか無いのか支離滅裂な感じの自己PRです(T_T)

                  これでは、企業としてはもっと、しっかりと語学力をアピールできる希望者を選びます!


                  ・小学生から無遅刻です。
                   中学生の頃は、無遅刻無欠席で表彰されました。
                   

                  これは、自己PRとは言えません(@_@)思い出話です(-“-)
                  企業は、こんな当たり前のことを求めていません(゜゜)〜

                  これから、企業に勤めようとする人が遅刻や無駄な欠席をするようでは問題外です(>_<)

                  当たり前のことを自己PRとして持ってくるのは、タブーと思うのがいいです!

                  この自己PR例はそれだけでは無く、文章能力の無さ、考える力の無さを
                  アピールしているのと同じです(;一_一)


                  上記2つ共に言えるのがとにかく、短すぎる自己PRです!
                  多少の長さならまだしも、あまりに短すぎるのは読まれないケースもあります(;一_一)

                         
                  | 1/1PAGES |