calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

このブログオススメです!

☆☆☆

            

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.08.15 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

                        

    自己PR例文 (その他 ─

    0
      自己PR例文 (その他 ─

      『歩く辞書』


      私の父は、とても昔気質で、いわゆる『頑固親父』でした。

      しかし、そんな父のおかげで今の自分があります。

      昔から分からない事があるとよく父に質問しました。
      しかし、父は「自分で調べなさい」と、様々な辞書を渡しくれました。

      始めは『教えてくれればいいのに・・・』と思っていましたが、
      何度の繰り返しているうちに、教えてもらった事は、忘れやすい
      自身で学び身に付いた事は、忘れない・・・と言う事に気づきました。

      気付くと何事も、自分で調べるようになり友人に「歩く辞書」と言われるようにもなりました。

      これからも、御社で色々な事を学ばせて頂き、貢献できる人材になりたいと思っています。



      少し、変わった自己PRポイントですね(*^^)v

      これは、人の好き好きがある自己PRですが、個人的には良いと思います(*^_^*)

      では、いくつか訂正をさせて頂きます

      題名は、インパクトがあるのですが、解釈できるかどうか、難しいものなので
      もう少し、わかりやすいものの方が良いかと・・・。

      次に『頑固親父』ではなく『頑固な父親』もしくは『頑固な父』がベストかと・・・☆

      最後の締めくくりの一文と内容が、繋がらないように感じます(;一_一)
      繋がりがあるように締めくくりましょう(゜゜)〜

                          

      自己PR例文 (その他 А

      0

        自己PR例文 (その他 А

        『公認会計士の資格に合格しました。』


        小学生の頃に、友人がそろばんを習っていた事から影響を受け
        安易な考えで、そろばん教室に通い始めました。

        半年程通ってから、自分の計算力がとても上がっている事に気づきました。

        しかし、そこで甘い考えが浮かんでしまいそれから、そろばん教室をさぼるようになり
        それが、両親に知られてしまいそのままやめてしまいました。

        しかし、大人になり友人と再会した時彼は、公認会計士になっていました。

        彼は、それからもそろばん教室に通い着実に将来に向けて実力を付けていたのです。

        私は、その悔しさ、自分の自身の情けなさに憤りを感じ、
        公認会計士になる為に、必死で勉強しました。

        そして、昨年、公認会計士試験に無事合格しました。

        まだまだ、新米公認会計士ですが、御社でがんばって貢献できる公認会計士を目指します。



        物語としては、いいのですが・・・マイナスの印象にも繋がる自己PRです(@_@。

        そろばん教室に通い始めた事も安易、さぼった事も安易・・・
        安易な考えからの経験が多いです(@_@;)

        子供だから・・・と言う部分があっても、省いた方が良いでしょう\(◎o◎)/

        公認会計士の資格をアピールしたいのであれば、勉強をどのようにがんばったのかなどを物語として書くのがベストです(●^o^●)

                            

        自己PR例文 (その他 Α

        0
          自己PR例文 (その他 Α

          『出版社で働く事が夢でした』

          幼少のころから、本が大好きで母親に絵本をよく読んでもらいました。
          小学生の頃は、図書の時間になると、誰よりも先に図書室に行き本を読みました。

          中学生の頃に『出版社で働きたい』と思うようになり、
          出版社で働くために、勉強に意欲が湧きました。

          高校生になり、御社の事を知り御社への就職を熱望するようになりました。

          絵本の出版社として有名な御社で、ひとつでも多くの絵本の出版に携わりたいです。



          これは、変わった自己PRですね($・・)/

          夢を題材にしているのですね・・・(*^_^*)

          これは、採用担当者の好みが分かれるタイプですね(@_@。

          でも、絵本の出版社宛てへの自己PRであるのであれば、
          この自己PRは『夢を叶えよう』とする熱意が受けるかも知れません(*^^)v

          文字の訂正なのですが・・・『母親』ではなく『母』と記載しましょう☆

          文書の長さが少し短い気もするので大体300字程度を目途に作文するといいです☆

          文章が短いと文才を必要とする出版社としては、あまりよい印象になりません(~_~;)

          長すぎず適度な文章を作成しましょう(●^o^●)

          それから、夢でインパクトはあるのですが、文書内にあまりインパクトを感じないので
          再度作文してみましょう☆

                              

          自己PR例文 (その他 ァ

          0
            自己PR例文 (その他 ァ


            『誰にも負けない明るい元気があります』


            私は、昔からどんな行事も率先して取り組んでいます。

            家族、学校、部活、サークル、地域など自身が参加できる行事には
            多く参加しました。

            なぜかと聞かれると、自分の持ち前の明るさで多くの人を元気付ける事が
            出来れば良いなと思っているからです。

            私は、この明るい元気で多くのお客様の支えになる職に就きたく
            御社を希望しました。

            ぜひ、御社に貢献させてください。



            率直に・・・これは、自己PRでしょうか?(?_?)

            最後の一文で一気に嘆願書になってしまって感じがします!

            自己PRと言うものを少し履き違えた内容になってしまっています(>_<)

            間違っている点をあげれば切りがないのですが、
            間違いポイントをまとめます(>_<)

            ・『誰にも負けない明るい元気』このタイトルは在り来たりです。
            ・参加した多くの行事の中で自身が成長したことなどはありませんか?
            ・最後の一行は、勢いだけで頼み込んでいる印象なのでやめましょう。
            ・文章に起承転結がなく、インパクトがありません。
            ・文章全体が幼い印象を感じます。


            自身とPRポイントは、他にないですか?
            『元気』『笑顔』『明るい』は在り来たり過ぎて、採用担当者には何も響きません(@_@。

            自身の経験を振り返ってみましょう(●^o^●)



                                

            自己PR例文 (その他ぁ

            0
              自己PR例文 (その他ぁ


              ・遅刻は絶対しません。
               小学生から大学まで、一度も近くをした事がありません。

              ・動きは俊敏です。
               もとから、運動が得意で、身体を動かす作業は苦にならないので
               なんでもこなす自信があります

              ・人から愛される人間です
               学生時代から多くの友達に囲まれ、とても楽しい時間を過ごしました。
               友人の一人から『君の周りにはいつも楽しい空気流れている』と言われて事があります。




              おっと!!これは、このブログで紹介してきた、自己PRの書き方を覆す自己PRですね(>_<)

              自己PRの基本のひとつ・・・『自己PRはひとつに絞り込みましょう』
              まずは、それが出来ていません(゜゜)〜

              いくつも書くのは、重視するポイントがあやふやになるので一つに絞り込むのがベストです☆

              次に、インパクトがありません(;一_一)
              あまりに単調過ぎて、面接官、採用担当者が読む気が起こらない可能性もあります(>_<)

              それでは、自己PR自体まったく意味を成さないものになってしまいます(@_@。


              要点をまとめると・・・
              ・自己PRを一つに絞り込む
              ・文章に起承転結をつけてインパクトのあるものにする
              ・タイトルを付ける
              本末転倒になりましが、失礼ながら自己PRを違うものを探してみるのもいいと思います
              (=^・^=)



                                  

              自己PR例文(その他)

              0
                「よく親しみやすいと言われる私」

                1.容姿
                この全体的に丸い雰囲気の私は、人の心をほのぼのさせます。

                2.笑った顔
                自分でも笑った顔が大好きです。
                バイト先で最後のお見送りの時に「君の笑顔いいね!!」と
                言葉をかけてくださったお客様もいました。

                3.明るい性格
                学生時代から、クラスでも友達内でも、そして親族、家族内でも
                『あなたが居ないと、この場が暗い感じになる』と言ってもらえます。

                最近になってやっと自分のこの魅力をわかってきました。

                こんな私なので、営業職に携わってみたいです。

                そこで、御社の営業部を希望しました。




                書き方としては、珍しい箇条書きでわかりやすく読み手もスラスラと読める感じで
                いいでしょう(=^・^=)

                しかし、その他は気になる点が多いです(@_@)

                まずは、自己PRの内容・・・
                笑顔や明るい性格などは、正直、ありふれています(>_<)
                書き方でカバーするにも、限界がある内容かと・・・(?_?)


                それから、最後の方の文章に軽さを感じます(>_<)

                『携わってみたい』『希望しました』など意欲を感じる言葉がありますが
                なぜか、軽さを感じてしまいます(ToT)

                恐らく、最後の文章の〆があまりに曖昧になってしまっているからでしょう(>_<)

                せっかくの自己PRですが、PRポイントから見直してみましょう(>_<)



                                    

                自己PR例文(その他◆

                0
                  自己PR例文(その他◆


                  “自身が納得するまで考え、動く”


                  中学生から毎朝・夕、ランニングをほぼ毎日続けた。
                  まだ始めた頃、病気をした時は、布団の中で『よかった』など思う事もなく
                  風邪なんかに罹った自分が疎ましくも思った。

                  でも、気づけばランニングが自分の身体も心も強くしてくれ
                  中学生3年から大学まで【無遅刻・無欠席】で過ごせた。

                  しかし、高校2年生の頃は、何度も布団から出る事を躊躇った時もあった。
                  でも、そこで折れる自分に納得がいく訳もない。
                  自身を納得させる為にも、私は動いた。

                  そして高校卒業時に【無遅刻・無欠席】を表彰された。
                  しかも、私だけ。
                  とても、誇りに思う。

                  御社でも自身が納得できるように御社に貢献したいと考えています。




                  驚きの自己PR(@♢@)

                  経験は、いいのですね(^^)

                  が・・・
                  なぜ、ランニングを始めるようになったのか?
                  心身は具体的にどのように強くなったのか?
                  そして、タイトルと文章がいまいちピントが合っていない感じがします(゜゜)

                  それから、出来れば文章の言葉遣い・・・にも敬語を使い
                  企業に敬意を表してください($・・)/

                  最後の一行だけ、敬語なのですが
                  これも自分よがりな言い方になっています(@_@;)


                  この経験を元に、もう一度、文書を考えられた方がいいですね(*^_^*)


                                      

                  自己PR例文 (その他 

                  0
                    自己PR例文 (その他 



                    【なんでもオールマイティーにこなします】

                    小学生から習い始めているダンスを今も、趣味として続いています。
                    このダンスの影響で、スポーツも球技でも陸上でも体育は
                    学生時代はそれなりの成績でした。

                    もちろん『運動バカ』など言われたくなかったので、
                    クラブ活動の合間を大事に勉強も頑張って、4か5だけの成績表でした。

                    高校時代から、色々な経験積みたくてアルバイトも様々な職種をしました。
                    接客、販売、工場など、どれも苦に思う事はなく
                    いくつかのバイト先からは『正社員にならないか』と言うお声も頂きました。

                    それでも、私はこの企業を目標に大学時代を過ごしたので
                    なんでもこなせる能力を御社で活かしてがんばりたいです。



                    今回の自己PR・・・
                    率直に、自己PRと言うよりご自慢話??と言った印象を受けます(-“-)

                    『なんでも出来ます』をアピールするのではなく、
                    ・勉強 ・スポーツ ・接客 ・販売
                    色々な経験実績があるのですから、一つに絞り込む事で誠意ある自己PRになります☆

                    この自己PRは、欲張り過ぎて、全ての経験がうやむやになってしまっています(>_<)

                    自己PRは、アピールしたいポイントを一つに絞り込む事が基本の一つです!(^^)!

                    これを踏まえて、自分の経験実績を絞り込んでみましょう(*^^)v


                           
                    | 1/1PAGES |